life mamechie

食物に含まれる五大栄養素について

スポンサーリンク

 こんにちは!harerioです。
 今回は私たちが健康に生活していくために必要な五大栄養素についてお伝えします。
 活動に使うエネルギーを得たり、体を構成している筋肉や臓器、骨などの組織を作り出すための栄養素が不可欠なんです。栄養素は、その性質や働きによって、たんぱく質、糖質、脂質、ビタミン、ミネラルの五つに分類され、これを「五大栄養素」と呼びます。

  • 目次
  • たんぱく質
  • ビタミン
  • 糖質
  • 脂質
  • ミネラル

たんぱく質

 たんぱく質は体を動かしたり体温を保つなどのエネルギーになる役割、筋肉や骨などの体を作る働きがあります。酵素やホルモン、免疫物質などを作る役割もあります。
 たんぱく質を構成しているのは20種類のアミノ酸です。そのうち、バリン(レバー、プロセスチーズなど)、ロイシン(牛肉、牛乳など)、スレオニン(卵、脱脂粉乳など)、メチオニン(牛乳、全粒小麦など)、リジン(魚、卵など)、フェニルアラニン(肉、大豆など)、トリプトファン(牛乳、バナナなど)、ヒスチジン(鶏肉、ハムなど)の9種類は必須アミノ酸が量的に多く、これらがバランスよく含まれているたんぱく質ほど、良質なたんぱく源となります。体内で必要量を合成できないため、食事から摂取する必要があります。

ビタミン

 ビタミンは糖質や脂質、たんぱく質などの栄養素がうまく働くための潤滑油のような働きをし、体の機能を正常に保つ作用があります。ビタミンには13種類あり、それぞれ必要量は少量ですが、体の中でほとんど作ることができないため、食べ物から摂る必要があります。ただし、サプリメントや健康食品などで過剰に摂取することで、かえって体に害が生じることもあるので、十分注意しましょう。
 ビタミンは水に溶けて尿などから体外へ排出されやすい水溶性ビタミンと、油脂にとけて体内に蓄積しやすい脂溶性ビタミンとの2つに分けられます。水溶性ビタミンは加熱調理で失われやすいのが特徴ですが、脂溶性ビタミンは油に溶けやすいので、肉や魚の脂と一緒に炒めたり、オリーブオイルなどの油をと共に食べたりすることにより吸収率が上がります。

糖質

 糖質は、米や小麦などの穀物や果物に多く含まれていて、体内でブドウ糖や果糖に分解されてエネルギーになります。ブドウ糖は脳の唯一のエネルギー源で、不足すると働きが悪くなり集中力が欠けることも。ブドウ糖は脳に蓄えておくことはできないので、常に補給が必要です。筋肉はエネルギー源を蓄えておくことができますが、食べすぎると体の中で脂質に変わり、体脂肪となって蓄積されるため注意が必要です。
 糖質をエネルギーに換えるには、ビタミンB1が必要なので、多く含む豚肉や玄米などと一緒に食べると良いでしょう。

脂質

 1gの糖質が4kcalのエネルギーを生み出すのに対して、脂質は1gで9kcalのエネルギーを作ることができる、優れたエネルギー源です。また、血液や細胞膜、ビタミンやホルモンを作る働きをしたり、脂溶性ビタミンの吸収を促す役割を担っています。
 脂質を構成する主な脂肪酸には不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸があります。不飽和脂肪酸は、魚や植物油脂に多く含まれていて、中性脂肪やコレステロールを低減させる作用があります。特にリノール酸、a-リノレン酸、荒木ドンさんは必須脂肪酸と呼ばれ、体内で作り出すことができないため、積極的に摂取したい栄養です。一方バターや豚の脂などの肉類に多く含まれる飽和脂肪酸は、肥満やコレステロール増加の原因になるので摂り過ぎに注意しましょう。

ミネラル

 ビタミンのような有機化合物以外で、体の調子を整える働きを持つものをミネラル(無機質)と呼びます。体に必要なミネラルは16種類あり、体内で作ることができないため、食べ物から摂る必要があります。不足しても過剰になっても不調をきたすので、バランスの良い摂取量を心がけましょう。


 いかがでしたでしょうか?栄養素はその性質や働きによって様々な役割があるのですね。何事もバランスが重要!偏った食事ではなく、一つ一つの栄養を意識してバランスの良い食事を心がけたいですね。

スポンサーリンク

-life, mamechie

© 2021 harerio Powered by AFFINGER5