osusume tabi

赤福本店|伊勢|harerioさんぽ

スポンサーリンク

訪問日:2020年6月20日※営業時間等変更になっている可能性もあります。最新の情報はお店のHP等をご確認下さい。

こんにちは◎harerioです。
三重県にあります伊勢市と聞くと、名物名所沢山上がるかと思いますが、本日は伊勢名物赤福を食べに行った際のお話です。
伊勢神宮、人生に一度は行ってみたい!ということで思い立ちました。

赤福本店

場 所 :三重県伊勢市宇治中之切町26
営業時間:5:00〜17:00

赤福とは
和菓子屋赤福の和菓子商品です。餅菓子であり、いわゆるあんころ餅の一種。餅をこしあんで包んだもので、こしあんには三つの筋が付き、五十鈴川の流れを表していると言われています。

建物から歴史を感じられる趣を感じます。
赤福はなんと1707年に創業、1954年設立だそうです。
すごい歴史・・・興味のある方は赤福のHPに詳しく記載されていますので見てみてください!

入ってお持ち帰りか召し上がりか聞かれます。
召し上がりの「盆」をお願いしました。
赤福2個とほうじ茶のセットです。(220円)

五分も待たずに来ました。
美しい・・・!
五十鈴川沿の席に座った私は川を眺めながら頂きました。
滑らかな自然な味わいのこしあんと柔らかいお餅、これは本当に食べておくべきものだなぁと感じました。


こちらではお土産ももちろん売っています。
○赤福8個  760円
○赤福12個 1,100円
○銘々箱   240円
○朔日餅   などなど

朔日(ついたち)餅とは
毎月一日に普段より早く起きて神宮へお参りする「ついたち参り」という習わしが残っており、新しい月の無事を願ってお祈りをします。赤福本店ではお正月を除く毎月一日に「朔日餅」を用意し、朔日参りに来た方をお迎えしているそうです。
なので、毎月四季折々の朔日餅が食べられますので、気になる方はHPを確認してみてください。



赤福本店はおかげ横丁内にあります。
おかげ横丁には、様々な伊勢名物のお店があります(今度またご紹介します)
伊勢神宮に行かれる際は、是非おかげ横丁にも寄って伊勢を楽しんでください◎




ちなみに私はこちらに行く際に伊勢神宮にも訪問したので、駐車場は伊勢市内宮前駐車場に駐車しました。
こちらはおかげ横丁まで徒歩10分もしないくらいの距離でしたね。
利用は無料ですが日中の2時間の利用制限がありますので、ご利用の際はお気をつけ下さい。


気になる方はオンライン通販等もありますので赤福、是非食べてみて下さいね◎

スポンサーリンク

-osusume, tabi
-, ,

© 2021 harerio Powered by AFFINGER5